スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterで「歌詞」をつぶやいても、とりあえず個人の支払いはないが……

2010年03月07日 13:55

JASRACに著作権料を支払うのはユーザーではなくTwitter社。安心して歌詞をつぶやこう!

先日お伝えした“Twitterで歌詞をつぶやくとJASRACの利用料が発生する”という件だが、どうやら請求先はユーザー個人ではなくTwitter社に行われるようだ。

 そもそも「Twitterで歌詞をつぶやいたら、JASRACの利用料が発生する」の発言は、ニコニコ動画の生放送番組『二次創作オンラインワークショップ 著作権講座』にてJASRACの菅原常務理事が明らかにしたもので、その番組内ではさらに詳しいことが語られていた。

 簡単に言うと、Twitterで歌詞をつぶやいた際に発生する著作権料の請求はTwitter社に行われ、そのうち手数料の11%を差し引いた分がアーティストへと支払われることになるとのことだ。
---------------------------------------

……DIGITAL MAGAZINEによると、特に個人が歌詞をつぶやいていても、問題なさそうですね。
YouTubeやニコ動形式ということで。

JASRACの方だって、イチイチ個人のつぶやきまで確認出来ないだろうし、
包括契約というところで落ち着いた感じですね。

しかしこれで、Twitter側としてはJASRACの権利処理が原価に乗っかるわけで、
利益がジワジワと圧迫されますな。


何をやっても儲からないTwitterになりはしないか……と思ってしまった次第。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/94-72594c1a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。