スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタニックより、ヒットの基盤があるアバター

2010年02月21日 21:33

アバター

『タイタニック』を遥かに上回る驚異のペース!
早くも日本興行収入100億円突破!!



アバターの公式サイトによると、日本興行収入100億円を突破したしそうな。
個人的には、タイタニックの方が好きだけど、やっぱり勢いって凄いね。

驚きと共に賛辞を送ります。

タイタニックを抜くのも時間の問題だろうし。


ところで、その基板となる上映館数はいかほどだろう。
検索しても引っかからなかったが、東スポの下記コラムを発見。

「アバター」と「タイタニック」-メガヒットの秘密


日本の館数は語られていないが、アメリカの状況に触れられています。
=====================
タイタニック
→2000館

アバター
→4000~5000館
=====================
上映館数が倍増してますね。


それで何でこんなに上映館数が違うかと言うと、
私は、それぞれの映画のネックにあると思うんですよ。
=====================
タイタニック
→超長編

アバター
→3D
=====================

ネックと言っても、それぞれが魅力的な強みなのだけど、
上映館からすると、3Dよりも超長編の映画の方が、やっかいな産物だったのでしょうね。
長編→上映回数が減る→映画館の売上が減る……というマイナスのスパイラルは容易に想像できるし。


その意味でも、アバターはタイタニックより、ヒットの基盤が強い作品だと思いました。


<アバター記事>-- --------------------
【映画評】アバター(AVATAR)
3Dでパブリックビューイングが観れたら良いのに……
*************
アバターのエントリーはこちら
http://mitarase.blog122.fc2.com/blog-category-13.html
---------------------------------------





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/77-db98c545
    この記事へのトラックバック

    【コラム】『マイマイ新子と千年の魔法』という映画を知っていますか?~一ファンからのお願い

     『マイマイ新子と千年の魔法』という映画をご存じでしょうか。  芥川賞作家・高樹のぶ子さんが自身の幼少期をモデルに日本版『赤毛のアン』を目指して書かれた連載小説...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。