スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画評】アバター(AVATAR)

2010年02月08日 21:37

『アバター』は、3Dで観ないと意味がない……。

3Dでも、IMAXでないと意味がない……。

前提としてキャメロン監督は、IMAXを想定した3D映画を制作したのだから。


で。
日本でたった4館しかない、IMAX版が観られる109シネマズ菖蒲で、
『アバター』を観てきた。

館内は超満員。
僕の席は幸い8列目の真ん中あたり。
3Dの映画を鑑賞するにはベストの位置でしょう。

しかしながら、肝心の3Dが期待を超えるものではなかった。

ディーズニーランドや、ユニバーサルスタジオで見る3Dの方が、遥かに上。
逆に言うと、遊園地の3Dを超える3D映像で、おまけにキャメロン監督の、あふれるロマンティシズムに涙……と期待していたのだが。。。

以前、U2の3Dライブ映画『U23D』を最初に観たときは、
おぉ!となったのだけど、観ているうちに、すぐ3Dに慣れてしまった。

今回の『アバター』も同様だ。

確かに奥行きがあって、臨場感は感じられるのだが、
迫力のあまり思わず仰け反ったりするシーン、
いや3Dの演出はなかった。

一番3Dを感じられたのは、木の葉とか、
クラゲのような精霊とか、宙を漂っている小さな物体であるのは、
悲し過ぎるだろう。


映画としては、もののけ姫+ラストサムライ+
キャメロン監督のSF趣味が渾然となり、『アバター』世界を構築している。

ただ、丁寧過ぎる説明のおかげで、ややテンポが悪い。
星の設定や、先住民ナヴィの設定やらの説明で、ドラマのドライブ感が弱い。

「地球人が、資源のある星にやってきて、侵略する話」
基本はこれだけなのだから、逐一説明して行くより、
映像でドンドン見せていく方が良かったと思う。

また同じ監督の大作『タイタニック』と比べると、
キャラの魅力がやや欠ける。
『タイタニック』では、ディカプリオは、
出港前、ポーカーで乗船チケットを手に入れる。

この軽妙なやり取りだけで、このキャラクターが生きてきた背景、
つまり船のチケットも買えない様な貧乏人と判る。
また、機転が効き、物怖じしない性格だとも、このエピソードだけで一発で判る。

観ていて非常にワクワクするキャラクターである。

しかし、『アバター』の主人公は最初からウジウジ。
アバターの体を借りてからは、イキイキ。
これって問題あるの?
いや、大ありだろう。

ドラマの起点が借り物という、
非常に受身なものなので、
この主人公を応援しようという気にならない。

『タイタニック』で、ディカプリオが誰かの勧めで、
チケットを借りて、すんなり乗船したら魅力もないに違いない。

だから『アバター』では、主人公は言われて、
アバターの体を借りるべきでなかったのだ。
言われずに、否、周囲を敵に回しても、
自分の行動でアバターの体を借りるべきだった。

『アバター』は、そういう点でも惜しいと感じれる映画だった。

とはいえ、時代を代表する映画なのは間違いないから、
とりあえず一度は――できればIMAXのシアターで鑑賞するのをオススメします。

<アバター記事>-- --------------------
タイタニックより、ヒットの基盤があるアバター
3Dでパブリックビューイングが観れたら良いのに……
*************
アバターのエントリーはこちら
http://mitarase.blog122.fc2.com/blog-category-13.html
---------------------------------------

==============================
追記です。

アバターの勢いが止まらなので、何故だろうと考えてみました。

タイタニックより、ヒットの基盤があるアバター


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/61-4f058a78
    この記事へのトラックバック

    【映画評】アバター

    地球から遥か離れた惑星パンドラを舞台に描かれる、異文化交流アクション超大作。

    アバター

    作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。