スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】『「株のカリスマ」プロフェッサー・サカキの お金をふやす頭脳トレーニング』榊原正幸

2010年01月23日 19:03

大学教授兼バリュー投資家のプロフェッサー・サカキによる、
いわゆるマネー本。


内容紹介を転送すると──

---------------
なぜBMWに乗る人より、中古の国産車に乗る人の方がリッチなの?
なぜ100万円が、着実に1億9000万円にふえるの?
会計学の知識で「ゆっくりお金持ちになる脳」を作れば、豊かな人生が実現します!
簡単!オモシロい!ためになる!
10年間、株式投資で無敗を誇るスーパー教授の打ち出の小槌のような「時間をお金に変える科学」
●年収がいくらあれば「充分に贅沢な生活」が送れるのか
●お金をふやすには、「計算」より「思いやり」が大事
●最強の方程式は「ほんの少しの勉強+長い時間=大きな財産」
●減価償却という秘密の錬金術がある!
●新築マンションより中古を買う方がお金持ちになれる理由
●現在の100万円と1年後の105万円、どちらを選ぶ?
●マークXが買えれば、BMWが買える!
●「夢と勇気とイナフ・マネー」で21世紀を賢く生き抜こう
---------------

──といった感じ。

似たり寄ったりの、数あるマネー本の中でも、
この本は、特徴的な具体性がある。

つまり、著者の会計知識のアプローチから、
色々な事例が書かれているのだ。
だから非常に読んでて説得力がある。

ただちょっと一般的には難しいところも。
「減価償却」なんて、ふつうの主婦にとっては、
漢字を見ただでも、読み飛ばすだろう。(笑)
まあ、もちろん、噛み砕いて説明されてるけどね。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/47-302fc419
    この記事へのトラックバック

    get paid for surveys

    Sorry Franco, they don’t have a chance!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。