スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】『難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』大塚健

2012年11月23日 23:37

凄まじい本だった。

いや、内容の繰り返しも目立つので、本のクオリティとしては、それほど高いわけではない。

しかしながら、K-BOOKS会長・大塚健の壮絶な人生が垣間見られるので、それだけで凄みがある。

本のタイトルの後半部『「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』だけ見ると、なぁんだ、安直なサクセス本かと思ってしまうけど、タイトルの前半部『難病で寝たきりでも』がこの本の眼目である。

何しろ大塚は重度の身体障害者なのだ。
筋ジストロフィーという不治の難病に侵されている。
この病気は、寿命が20歳というのが定説らしい。

成長とともに、筋肉の萎縮と筋力の低下が起こり、大塚は今や手足を動かすどころか、まぶたを開くこともできない。

ものを見るときは、まぶたにテープを貼って無理やり見る。
呼吸は人工呼吸。
食事は「エンシュアリキット」という必要最低限の栄養が入った飲み物をのむだけ。

しかし年商50億円のK-BOOKSの経営を立派に行なっているのだ。
文字通り「他力本願」でだ。

大塚の社員教育は厳しいようだ。
部下はまず褒めるより怒る。かなり泣かされている社員もいる。
しかし、本著の中では語られていないが、僕はそこに「愛情」を感じた。
本気だからこそ、怒る。
相手を思っているから、怒る。
自分は自由に動けない、しかし君は自由に動ける。
それなのになぜ、できないと怒る。
怠惰な人生を送っている僕も、この本を通して大塚に怒られている気がしたが、不思議と悪い気はしなかった。
むしろ更に頑張ってみようと思ったぐらいだ。

あと、K-BOOKSでは毎月、中古コミックや同人誌等の買取テストがある。
300ぐらいの問題に答えていく過酷なテストだ。
これに合格していかないと給料も上がらないし、社内の立場も段々無くなってくる。
これには学歴も年齢も関係ない。
ひたすら自分の知識だけが頼りだ。

K-BOOKSの社員定着率は悪いみたいだけど、残っている従業員はこうしたテストで勝ち抜いてきたエリートだ。

マッドハウスの創立者である丸山正雄は、マッドの経営がメチャクチャになったときに「それでも、マッドハウスにいるスタッフは、マッドハウスがなくなったとしても、どこへ行っても仕事には困らない技量がある。だから心配しなかった」と述べていた。

K-BOOKS創業者の大塚と、オタクエリートたる社員の関係にも似ている気がした。



コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/272-730cf18b
この記事へのトラックバック

后庭塞

这篇帖子构思新颖,题材独具匠心,段落清晰,情节诡异,跌宕起伏,主线分明,引人入胜,平淡中显示出不凡的文学功底,可谓是字字珠玑,句句经典,是我辈应当学习之典范。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。