スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本の感想】『パチンコがアニメだらけになった理由(わけ) 』安藤健二

2011年07月13日 02:09


パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)
(2011/01/08)
安藤 健二

商品詳細を見る


だいぶ前に読んだ本だけど、自分の中でまとめてなかったので、
備忘録としてここに書いときます。

パチンコがアニメだらけになった理由

実は、決定的な理由は書かれていない。

極めて取材が困難だったらしく、
結論は著者の推測の域を出ていないが、下記の通り。

▼映像コンテンツが欲しいパチンコ業界
・迫力ある映像や、魅力的なキャラを一から開発するのは大変

・実写系は許諾を得るのが難しいし、ライセンス料も高額

・アニメのライセンス料は安い。しかも権利も製作委員会に一本化されている

・だから、パチンコがアニメだらけになった。
・しかもヒットしてないものなら、安い許諾料で買い付けられる

▼ライセンスマネーとリバイバル効果に期待するアニメ業界
・パッケージビジネスの不振

・パチンコの許諾料は、低くても数千万円

・『エヴァ』のように、パチンコ台がヒットすれば、原作人気も復活する可能性もある

……と2つの立場から、結論づけられています。
自分はアニメ側の人間なのですが、この結論は極めて妥当。

あえてここに付け加えるのなら、現在進行形のアニメ企画でも、
提供料とかの問題で、パチンコ系は最初から組み込まれている。
実際、委員会のメンバーだったりするし。

しかも出す金額がデカイ。

分かりきったことだけど、今のアニメのパトロンはパチンコ・パチスロなんだね。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/267-8f06a34d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。