スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/7/9 デジハリ大学院『アニメ学』出版記念セミナーに行ってきた

2011年07月10日 17:21

日本のアニメを学問する、「アニメ学」なる本が出版記念ということで、
デジハリ大学院でセミナーが開催されました。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000349.000000496.html

アキバ+アニメということで、若い人ばっかりだと思ってだけど、そうでもなかった。
自分と同い年か、それ以上の人も結構いました。


……で、アニメの最前線にいる身としては、
勉強になったかというと、実はそうでもないのが正直なところ。

「アニメ」と「アニメーション」の違いは、それはそれで研究の対象になるのだろけど、
「現場」の仕事では、ほとんど関係ない。
議論の論点は売れるか、売れないかだ。

高橋良輔監督も、「(違いについて)意識したことはない」と述べられてたけど、
まあ、正直なところだろう。


あと、マーベラスにいたと思ったら、
いつの間にかドワンゴの執行役員になられていた、
片岡義朗さんもパネラーとして参加。

「アニメにとって、違法動画が最大の敵!」

……と力強く、仰られておりました。(^^;;
違法動画のせいで地方番販もダメ、海外番販もダメと、
ビジネスの根本が崩れたとも。

それではどうやってこの時代を乗り切るかだけど、
「公式サイトで配信すべし!」

……と。
いや、公式で動画を配信してる現場から言わせると、
どこの会社も赤字を抱えてて、火達磨になってるんですけど……という感じです。(;^_^A

HULUも身売りの話しが出ているし、動画配信のビジネススキーム自体、
現状はかなり厳しいと言わざるをえないです。

とはいえ、片岡さんは一方で、こんなことも語られました。

「これからのアニメビジネスは、TVを初出としない。ネット先出しで、あとはU局連合。……でも、これはキー局に怒られるんだけどね」

ここは自分の考えてることと一緒でした。
でも、怒られてもいいじゃんと思ってる自分は、
一部上場の執行役員なんて、できないんだろうなと思ってしまいました。w



アニメ学アニメ学
(2011/04/22)
高橋 光輝/津堅 信之

商品詳細を見る



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/265-698375ff
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。