スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】『転職―会社を辞めて気づくこと』高任和夫

2010年10月17日 23:13


転職―会社を辞めて気づくこと転職―会社を辞めて気づくこと
(1998/11)
高任 和夫

商品詳細を見る


元三井物産の人気作家が書く、「転職」そのものの本。

1998年発行の本だから、今となっては内容も多少古くなっています。
山一証券が倒産した事件なんて、
今の20代の人たちからすれば、はるか大昔の騒動で、実感も何もないでしょう。

しかし、この不況の世の中。

いつ自分も山一証券の社員のようになってもおかしくない。


著者は50歳を目の前にして、会社を辞めたが、
今はもっと時代の流れが早くなっており、
30、40代で会社の中核となるサラリーマンが、
ポンポン辞めて転職する状況となっています。

現に私の周りでも、そうした状況です。

ただ、会社を辞めるにあたっての心構えや、
準備などは風化されません。
その意味では、転職「哲学」の部分を知りたい人は、
読んでおいても損はないでしょう。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/246-886e8b07
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。