スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテンポラリーアニメーション入門に参加した

2010年09月26日 00:15

東京藝術大学大学院映像研究科で、
コンテンポラリーアニメーション入門なる上映会&講座が開催されたので、早速行ってきました。

エストニアのアニメーション作家、
プリート・パルンのことを詳しく知るには良い機会でもありましたんで。

以下、詳細。
--------------------------------------------------------------------
東京藝術大学大学院映像研究科 公開講座 馬車道エッジズ
コンテンポラリーアニメーション入門
~現代短編アニメーションの見取り図~

◆第6回講座:2010年 9月25日(土)

作品上映:午後4時20分~午後5時40分 
上映作品(予定):「PARNOGRAPHY」(2005)、「Karl and Marilyn」(2003)

講演:午後6時~午後7時30分
演題:エストニア時代のプリート・パルン
講演内上映作品(予定):「ホテルE」(1992)、「1895」(1995)

講師:山村浩二
http://animation.geidai.ac.jp/ca2010/
--------------------------------------------------------------------

基本、上映が主で、
後から山村さんが講釈をするという段取り。

上映された映画は、キャラの造形が面白かったりするんで、
取っ付き易くもあり、一方で様々な解釈が出来てしまう難しさもありました。

実際、山村さんのようなアニメーションマスターでさえ、
これは自分なりの解釈だけど……といったご意見でした。

しかし驚いたのは、パルンはきちんとシナリオを書いてから、
制作に取り掛かるということ。

ソ連時代の検閲の関係でそうせざるをえなかっただそうだが、
見方によっては「手クセ」のようなアニメーションなので、
手が動くままで描いていったのかなぁと思ってたら、思い切り違った。w


次回のコンテンポラリーアニメーション入門は、来年になるそう。

知的興奮が得られたので、機会があればまた是非とも参加してみようと思います。

1895



Hotel E



国際アートアニメーションインデックス 山村浩二・知られざるアニメーション Vol.1 [DVD]国際アートアニメーションインデックス 山村浩二・知られざるアニメーション Vol.1 [DVD]
(2006/08/09)
不明

商品詳細を見る




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/243-c9fb6b5a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。