スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画評】エルム街の悪夢(A NIGHTMARE ON ELM STREET)

2010年07月12日 22:50

エルム街の悪夢

この映画は、フレディ役のジャッキー・アール・ヘイリーにつきる。

『ウォッチメン』のロールシャッハ役でもかなり好演してたけど、今回はそれ以上かも。

人間……いやモンスターの心の闇を存分に見せてくれる。

が、しかし……
そんな男が、『がんばれ!ベアーズ』でブレイクしてたなんて、
知らなかったよ!w

昔とは、180度違った役者になったなぁ。


まあ映画自体、今回の『エルム街の悪夢』は普通の出来で、良くも悪くもない。
驚きもない。

ある種、金太郎アメ的な世界で完結している。

ただ、なぜ一人の男がフレディーになったのか?がきっちりと描かれているので、
ドラマ的に多少の深みが出ているのが印象的だった。

それもこれも、フレディ役のジャッキー・アール・ヘイリーのおかげだと思ったね。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/224-1e9101cc
    この記事へのトラックバック

    映画:エルム街の悪夢

     この日、観たい映画のうち2本が最終日。1本はユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション。そしてもう1本はエルム街の悪夢(2010年版)。しかも同じ映画館では両方をやっておらず、しかもどちらも1日1本の上映。  ユニバーサル・ソルジャーは19:15-21:00。エル




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。