スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロードバンド時代に、ダメコンテンツが生まれる理由

2010年06月10日 00:01

ネット界隈をぶらぶらしてたら、まさしくその通り!と膝を打ったエントリーを発見。

ブログ「ジョジョの奇妙な社長「君が読むまで書くのをやめない!」

動画配信そのものには大きな意味はない!コンテンツに使われるのではなく、使いこなせ



ブロードバンド時代より前の時代は、
逆にまだ動画自体にも稀少価値があったように思う。

読み込みに苦労し、今から思えば良く我慢して観ていたなぁ~と思うけど。w


しかし、今の時代は、やはり問われるのはコンテンツです。

「週刊ダイヤモンド」脳や「東洋経済」脳の経営者たちは、
BeeTVのCMを見て、モバイル動画が熱いぞ~!
ipadのニュースを見れば、うちでも何か検討しろとすぐに言い出します。


またかと思う社員たちは、
とりあえず経営者たちも良くも悪くも刺激しないコンテンツを作ります。

それが一番社内では通りやすい企画だからね。


けれど、仏作って魂入れずでは、何の価値もない。


こうして、また誰にも愛されないコンテンツが生まれてくるのです。


ロングテール?

テールの部分だって、もはや大渋滞。

人類の数だって限りがあるんだから、全部は見切れないでしょ。



コメント

  1. 奇妙な社長 | URL | w4Ib0zSU

    先日はご紹介下さり、有難う御座いました

     当方の稚拙な記事をご紹介下さりまして、誠に有難う御座いました。
     お返事に迄、時間を頂戴致してしまい、申し訳御座いませんでした。

     これからも何卒、宜しくお願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/197-0364b584
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。