スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画評】劇場版銀魂 新訳紅桜篇

2010年05月11日 00:01

銀魂


もう10年の付き合いがある、脚本家の大和屋さんから
チケットを頂いたので、原作やTVではほとんど未見だった、
『劇場版・銀魂 新訳紅桜篇』を観てきました。

事前に凄いヒットををしている……上映館一館あたりの人数では、
『劇場版・名探偵コナン』をも凌いでいる、と聞いておりました。

で、近所の映画館に行ったら、やはりかなりの人数が。
幸い私は指定席券をゲットできましたが、
お昼の時点で夕方までの席まで完売。

ここまで熱量のある作品は、中々ないですね。

肝心の作品も、ギャグあり、涙あり……いやもっと端的に言うと、
「喜怒哀楽」のすべてが詰まった大エンタテーメント作品でした。

昔から大和屋さんは、かなりひねったギャグを入れる方でしたが、
これも大和屋さんっぽいテイストに溢れ、腹を抱えて笑わせてもらいました。

もちろんギャグのみではなく、坂田銀時、桂小太郎、高杉晋助の三つ巴のドラマが主になっているので、
作品としての軸はまったくぶれません。

クライマックスにすべてが収斂して行くドラマは、圧巻でした。

ちなみに、OPとEDの前後にもちょっとした仕掛けがあります。
ここについても、フリ・オチがしっかり効いていて、
笑えると同時に、いい意味で「やられた!」感があります。

隅々まで楽しませようとするスタッフに、完敗ならぬ乾杯です!


銀魂 1 通常版 [DVD]銀魂 1 通常版 [DVD]
(2006/07/26)
杉田智和釘宮理恵

商品詳細を見る



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mitarase.blog122.fc2.com/tb.php/167-4fa9f881
    この記事へのトラックバック

    映画:「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」♪。

    平成22年4月28日(水)。 映画:「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」。 配 給 :ワーナー・ブラザース映画 監 督 : 高松信司 原 作 : 空知英秋 脚 本 : 大和屋暁 声 : 坂田銀時 (杉田智和)・志村新八 (阪口大助) 神楽 (釘宮理恵)・桂小太郎 ...

    「銀魂 新訳紅桜篇」レビュー

    劇場版「銀魂 新訳紅桜篇」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):坂田銀時(杉田智和)、志村新八(阪口大助)、神楽(釘宮理恵)、定春(高橋美佳子)、桂小太郎(石田彰)、エリザベス、高杉晋助(子安武人)、河上万斉(山崎




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。