スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シンガポール発アニメ共同製作と二次利用ビジネスの現状」レポート

2012年10月08日 01:05

シンガポールのCG制作の雄、SPARKY社と共同製作を行なっている、
ダックビルの椚山さんの講演が動画協会絡みであったので、
早速行ってきた。

以下は、備忘録も兼ねてのレポ。

=========================================================================
2012/9/25
シンガポール発アニメ共同製作と二次利用ビジネスの現状
株式会社 ダックビル・エンタテイメント 代表取締役 椚山 英樹
http://www.charabiz.com/abpf/seminar20120925.html

【あらしの夜について】
・『あらしの夜に ~ひみつのともだち~』は、100話ぐらい制作する予定。
でないとアメリカ等で販売できない

・TVアニメの企画を受託したのは、2010年


【スパーキー社について】
・スパーキー社は年間6~7本を回せる体力あり。
ただし、社内で良い演出家、デザイナーがいない。
その辺りは日本でスタンバイする必要がある

・Vコンテも作って、やっと向こうの現場が理解した

・ライセンサーとしての経験がそれほどないので、
懇切丁寧なコミュニケーションが必要

・社内のアニメーターは、インド人が多い。
日本人は一人

・中東の仕事をかなり受託している


【シンガポールでの製作について】
・MDA(政府)の対応は、かなり早い

・オリジナルの原作でも可能。
ただし原作を作るチームの実績が必要

・2次使用について、妙な制約がついていると良くない。

・全世界の番販等の利益配分はフェアに。
「あらしの夜に」については、日本のTVで放送する際に、
局からキャップを設けられてしまった……

・交渉担当は全権を与えられていないと進まない。
MDA含め、シンガポールの人間も若いが、
すべてを任されている担当が出てくる。
「日本式」の本社に確認して……という流れはNG


【その他】
・当社(ダックビル)とシンガポールは、
あと2本の企画が動いている

=========================================================================

……以上。

SPARKYとダックビル制作の「あらしのよるに~ひみつのともだち~」はこちら。
フルCGだけど、どこか温かみがあります。


あらしのよるに ~ひみつのともだち~ 1 [DVD]あらしのよるに ~ひみつのともだち~ 1 [DVD]
(2012/06/22)
吉野裕行、釘宮理恵 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。