スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】『あんぽん 孫正義伝』佐野眞一

2012年05月14日 23:54


あんぽん 孫正義伝あんぽん 孫正義伝
(2012/01/10)
佐野 眞一

商品詳細を見る



佐野眞一の『あんぽん 孫正義伝』を読み終えた。

本著の中で、著者が自画自賛(?)しているように、確かに、今まで出版された孫正義の伝記より、はるかに本人に肉薄している。

本人のインタビューはもちろんだが、その本人以上に実の父・三憲のインタビューのボリュームが多い。裏の主役である。
養豚と密造酒で生計を立てていた三憲は九州でパチンコ経営に手を染め、成功を収める。だが、生来の喧嘩っ早い……いや、少々エキセントリックなぐらいアグレッシブな性格も災いして、親類と揉めに揉め、血と骨の争いをしている。三憲は、本の中で、周りの親類のことをかなり悪し様に言っているが、これもお互い様という感じもする。愛人を作り、女房とは別居。これは昔の話ではなく、現在進行形の話である。

そんな両親を持つ、孫正義はよくグレなかったなぁと思う。

祖父は密航者。
祖母は仔豚に自分の乳を与えたりもしていた。かなりギョッとするエピソードだけど、逆に言えば、それだけ愛情が深い人間だ。密航してきた祖父だって、フロンティアを求めて日本に来たわけだから、それは現在の孫正義にも影響を与えているのかもしれない。

著者は韓国へ渡ったりし、孫正義も知らないルーツを確かめルポにしている。圧倒的な取材量で、稀代の実業家の人間像を浮き彫りにしている。

孫正義自身も、率直に朝鮮部落の貧民街時代のことも語り、好感が持てる。

しかし、この本の足りない点は、別居している実の母・玉子へのインタビューだ。当然。アクセスはしたんだろうけど、孫一族の他の親戚がバンバン出ているのだから、何としてでもインタビューをして欲しかった。

この祖父・祖母・父がいて、孫正義が出来た……というのは、判る。
けれど、男にとって一番身近である母親からの視点がないと、どうも座りが悪い。

著者や編集者の責任ではないにしろ、文庫や改訂版が出たときには、ぜひ母親からの話も載せて欲しい。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。