スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画評】コクリコ坂から

2011年07月24日 01:24

金曜日の夜、新宿でジブリの新作『コクリコ坂から』を観た。

原作は昔、「なかよし」で連載されていた少女漫画だけど、
映画の方は、広く一般に見られるファミリーピクチャーになっていた。

ちょっとした髪の動きとか、登場人物たちの何気ない仕草。
気持ち良い具合に動いていて、成程、
ジブリの作画入社試験では、
こういった課題が出されるんだろうなぁと思った次第。

部室棟である「カルチェラタン」では、
下手くそな、リコーダーの音が微かに聞こえてたり、
街の喧騒では、子供の叫び声が遠くに聞こえたりしている。

音響までリアルだ。

ここまで拘って制作しているアニメ作品は、
ほとんどない。

けれど、この映画の決定的なダメなところは、
一向に物語が進んでいかないのだ。

「カルチェラタン」の建て直しを巡る攻防は、
それはそれで楽しい。
今ではなかなか見なくなった、学生運動の闘争劇を通して、
個性あるサブキャラを引き立たせている。

でも、この映画は「カルチェラタン」の話しじゃないでしょ。

主役の松崎海が、ある「事実」を知ってしまい葛藤し、
それを乗り越えて、成長していく物語だ。

このドラマの起点まで来るのが、あまりも遅すぎる。
時計を見たら、既に映画の半分ぐらいまで過ぎていた。

これ、制作している過程で、
誰か指摘しないのかな……と思って、
クレジットを見たら、企画・脚本:宮崎駿と大々的にクレジットされていた。

う~ん、だから誰も何も言えないのか。。。


思えば昔のジブリは、
宮崎駿・高畑勲という巨大なエンジンで、
作りたいものを作ってきた印象がある。
『天空の城ラピュタ』から『千と千尋の神隠し』ぐらいまでは、
次はどんなチャレンジをするのか興味津々だった。
『ホーホケキョ となりの山田くん』なんか、
オイオイ、ジブリは今後どこに行くんだよ?と思ったりもしたが、
それはそれで、苦笑しつつも追いかけていた。

が、しかしここ数年のジブリは、新規チャレンジを止め、
丁寧な作画をする一介の制作スタジオになってしまっているのではないか。

宮崎駿が監督をしていない、ここ数年の作品群を並べると、
保守的な傾向が如実に分かる。

『猫の恩返し』
『ゲド戦記』
『借りぐらしのアリエッティ』
『コクリコ坂から』

どの作品も「アニメーション」的には優れている。
ただ、この中の共通点を上げると、、、

(1)賛否両論が起こりそうもない原作選び
→元々、マイナーな原作をピックアップ。
『ゲド戦記』も、国内ではさほどメジャーではないだろう。
だから原作段階では、出資者含め、何も言えない。
だが、宮崎駿の名前がバックについているので、
売れるだろうという算段がつく。

(2)ターゲットは、ライトな映画ファン
→一年に数回劇場に足を運び、
ラピュタやもものけ姫の再放送を金曜ロードショーで、
楽しみにしている層……いわゆる広く一般の層だ。
『紅の豚』や『火垂るの墓』のような、飲み込みづらい作品は、
そこでは元々求められない。

(3)文明批判
→先日、唐突に「ジブリは原発抜きで映画を作りたい」といったような横断幕が、
社屋の屋上に掲げられたという。
これはこれで、一つのスタンスなので良いも悪いもないが、
最新作の『コクリコ坂から』だって、
原発のエネルギーで映画を作ってたでしょ。
現実の世界では、こうしたダブルスタンダードが必ず出てくるが、
映画はファンタジー。
文明批判をしても、それはそれで映画として昇華され、
ただのエンタテイメントではない、どこかしら「高尚」な雰囲気を醸し出す。


……といった感じだ。
ここに豊富なスポンサーによる潤沢な制作資金と、
無敵の作画チームが加わり、映画が出来上がる。

しかし、ジブリの未来はそこにあるのだろうか?
『ゲド戦記』でさえ、小さくまとまってしまった印象がある。

ジブリの経営陣は、当然宮崎駿の後の時代を考えているはずだが、
今の保守的な勝ちパターンが、今後も続くとは限らない。

宮崎吾朗がジブリで3作品目を監督する頃には、
映画『ゲド戦記』のテーマの一つである、文字通りの「父殺し」が実現してしまうのではないか。


コクリコ坂から サウンドトラックコクリコ坂から サウンドトラック
(2011/07/13)
武部聡志

商品詳細を見る



コクリコ坂からコクリコ坂から
(2010/07/10)
高橋 千鶴

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【本の感想】『パチンコがアニメだらけになった理由(わけ) 』安藤健二

2011年07月13日 02:09


パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)
(2011/01/08)
安藤 健二

商品詳細を見る


だいぶ前に読んだ本だけど、自分の中でまとめてなかったので、
備忘録としてここに書いときます。

パチンコがアニメだらけになった理由

実は、決定的な理由は書かれていない。

極めて取材が困難だったらしく、
結論は著者の推測の域を出ていないが、下記の通り。

▼映像コンテンツが欲しいパチンコ業界
・迫力ある映像や、魅力的なキャラを一から開発するのは大変

・実写系は許諾を得るのが難しいし、ライセンス料も高額

・アニメのライセンス料は安い。しかも権利も製作委員会に一本化されている

・だから、パチンコがアニメだらけになった。
・しかもヒットしてないものなら、安い許諾料で買い付けられる

▼ライセンスマネーとリバイバル効果に期待するアニメ業界
・パッケージビジネスの不振

・パチンコの許諾料は、低くても数千万円

・『エヴァ』のように、パチンコ台がヒットすれば、原作人気も復活する可能性もある

……と2つの立場から、結論づけられています。
自分はアニメ側の人間なのですが、この結論は極めて妥当。

あえてここに付け加えるのなら、現在進行形のアニメ企画でも、
提供料とかの問題で、パチンコ系は最初から組み込まれている。
実際、委員会のメンバーだったりするし。

しかも出す金額がデカイ。

分かりきったことだけど、今のアニメのパトロンはパチンコ・パチスロなんだね。

【読んだ本】『電子書籍のつくり方・売り方』小島孝治

2011年07月11日 18:35


電子書籍のつくり方・売り方電子書籍のつくり方・売り方
(2010/10/07)
小島 孝治

商品詳細を見る



オールフルカラーで実に読みやすい本だった。

また何がなんでもセルフパブリッシングに拘るんじゃなくて、
アプリ型は業者に任せるべきと、しっかり項目も割いてある。

こういったところも、信用に足る本を感じさせる。

けれど、少々退屈なのも確か。

なぜって、良くも悪くもこれはマニュアル本。

電子書籍にチャレンジする人にとって、参照しやすい作りを追求した本だからだ。

「売るためのテクニック」についても、奇を衒ったところはない。

手元に置いておきたい一冊だ。

2011/7/9 デジハリ大学院『アニメ学』出版記念セミナーに行ってきた

2011年07月10日 17:21

日本のアニメを学問する、「アニメ学」なる本が出版記念ということで、
デジハリ大学院でセミナーが開催されました。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000349.000000496.html

アキバ+アニメということで、若い人ばっかりだと思ってだけど、そうでもなかった。
自分と同い年か、それ以上の人も結構いました。


……で、アニメの最前線にいる身としては、
勉強になったかというと、実はそうでもないのが正直なところ。

「アニメ」と「アニメーション」の違いは、それはそれで研究の対象になるのだろけど、
「現場」の仕事では、ほとんど関係ない。
議論の論点は売れるか、売れないかだ。

高橋良輔監督も、「(違いについて)意識したことはない」と述べられてたけど、
まあ、正直なところだろう。


あと、マーベラスにいたと思ったら、
いつの間にかドワンゴの執行役員になられていた、
片岡義朗さんもパネラーとして参加。

「アニメにとって、違法動画が最大の敵!」

……と力強く、仰られておりました。(^^;;
違法動画のせいで地方番販もダメ、海外番販もダメと、
ビジネスの根本が崩れたとも。

それではどうやってこの時代を乗り切るかだけど、
「公式サイトで配信すべし!」

……と。
いや、公式で動画を配信してる現場から言わせると、
どこの会社も赤字を抱えてて、火達磨になってるんですけど……という感じです。(;^_^A

HULUも身売りの話しが出ているし、動画配信のビジネススキーム自体、
現状はかなり厳しいと言わざるをえないです。

とはいえ、片岡さんは一方で、こんなことも語られました。

「これからのアニメビジネスは、TVを初出としない。ネット先出しで、あとはU局連合。……でも、これはキー局に怒られるんだけどね」

ここは自分の考えてることと一緒でした。
でも、怒られてもいいじゃんと思ってる自分は、
一部上場の執行役員なんて、できないんだろうなと思ってしまいました。w



アニメ学アニメ学
(2011/04/22)
高橋 光輝/津堅 信之

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。