スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100万通の応募があった東方神起ライブに疑念アリ

2010年04月30日 00:01

今度の6月に東方神起の3人。
つまりジェジュン、ジュンス、ユチョンでドームツアーをやるらしいけど、
チケットの争奪が凄まじいことになってたらしい。

チケットの応募は、ファンクラブ限定でなくしたから、
海外からも殺到。

その数、なんと100万通だったそうな。
東方100万


その裏ではきっと、チケットを取る「プロ」たちが暗躍したんでしょうな。
マイケル・ジャクソンとかが来日していた、
80年代に良く見られた光景だなぁ……と思ってたら、
avexの松浦社長が、妙なことをツイートしていた。


東方90


ビギ=東方神起のファンクラブなのだが、
これ、正直だろう。

僕は今回、チケットを取るのを頼まれたので良く判る。

応募時にそんな注意書きもなかったし、
第一、会員番号を入れる項目もなかった。

それなのに、90%をビギ枠で抑えるなんて出来ないでしょう。

100万通を手作業で、一つ一つ会員か否か何て、
やってたら別ですが。。。


東方神起・ユチョンがBeeTVドラマで初主演、ジュンスは主題歌で全面協力

――上記のようなニュースもありますが、今回の来日チケット騒動は、
東方神起に少し暗い影を落としてしまったような気がいたします。




-----------------------------------
関連カテゴリー
東方神起
-----------------------------------
スポンサーサイト

アバターのブルーレイ売上が記録を作ったようです

2010年04月30日 00:01

アバターの公式サイトによると、アバターのブルーレイがメチャ売れているらしい。


『アバター』ブルーレイ、 歴代1位の新記録を樹立!

以下、引用
================
日本での興行収入は150億円を突破し、世界中で約2,600億円という驚異的な興行記録を打ち立てた歴史的大作『アバター』のブルーレイ&DVDが4月23日(金)にリリースされました。

発売日のブルーレイ国内売上げは<133,741枚>と、歴代1位の新記録を樹立(音楽ドキュメンタリー作品除く)。アメリカでも、発売日だけで150万本を売上げ、従来の記録保持者である「ダークナイト」の60万本を超える、歴代ナンバーワンの記録を樹立しました。
================

サマーウォーズが5.4万枚なので、その2~3倍といったところでしょうか。
映画の話題性だけ考えても、まあ妥当ですね。

『サマーウォーズ』がエヴァ超え、Blu-rayアニメ作品歴代初動首位に~『THIS IS IT』に次ぐ初動売上も記録
http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/74133/full/


またマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」であっても、ずばり12.2万枚なので、
この売り上げ枚数は誇っても宜しいんじゃないでしょうか。

立派です。

驚異!「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」ブルーレイが初日売上12.2万枚を記録 ヱヴァ序の累積9.9万枚を発売初日で上回る
http://pocketnews.cocolog-nifty.com/pkns/2010/01/this-is-it122-3.html





-------------
アバターのエントリーまとめ
http://mitarase.blog122.fc2.com/blog-category-13.html
-------------

話題のガンダムカフェに行ってきた

2010年04月29日 00:01

4/24にアキバでオープンした、ガンダムカフェに行って参りました。

……と言っても、カフェでお茶まではしなかったんだけど、
写真も撮って参りました。

ガンダムカフェ
http://g-cafe.jp/


店の外からの様子……。
平日の昼間なのにも関わらず、結構人が並んでおります。

表100426_1530~01

表100426_1538~01


外に飾ってある、ガンダムカフェのエンブレム。

看板100426_1537~01


店内は一見、おしゃれなカフェバーのようです。

店内100426_1534~01

店内100426_1534~02


ところ狭しと並ぶ、ハロクランチチョコの群れ……。

ハロ100426_1535~01


ガンプラ焼にも人が並ぶ。
ガンプラ焼とは、ガンダムのプラモデルをモチーフにした、たい焼きらしいです。
ガンブラ100426_1533~01



……以上です。
しばらくボーッと見ていたのだけれども、
人はちっとも途切れませんでした。

結構、アキバの人達の心を掴みそうですね~。
1年後が楽しみな感じもしますが。。。

『アバター』を1枚購入で、1本の植林に!

2010年04月28日 00:01

『アバター』がまた面白いことを始めた。
公式ブログを覗いてみると、下記の記事がありました。

ブルーレイ&DVD購入者限定“アバタープログラム”特設サイトOPEN!
あなたも世界に100万本の木を植えよう!
!
http://blog.foxjapan.com/movies/avatar/news/2010/04/dvdopen100.php

===引用====================================================================================
『アバター』のブルーレイもしくはDVDを購入すると、あなたも地球環境の保全に一役買えます!

パッケージに同封されたチラシに従い「アバタープログラム」へ登録の完了をすると、自分の名前で1本の木が植樹されます!

『アバター』には、環境保全、生態系の調和というメッセージも込められています。そのため、ブルーレイ&DVDの発売日は、地球環境について考える「アースデイ」となる4月23日(アメリカ現地時間)に決定いたしました。さらに、世界中で植樹をする企画「100万本の木プロジェクト」をスタート。『アバター』を1枚買うと1本の木が植えられることになり、100万枚で100万本の木が世界に植えられることになります! 今回のプロジェクトで、『アバター』は実際に環境保全に協力していきます。
===========================================================================================

――以上です。

DVD1枚で1本の木ですよ!

これは映画のスピリットも感じられて良い企画だと思いました!


しかしジブリ映画とかも、どーしてこういう企画を行わないのか。
電通が悪いのか、もしくはNTVか。

宮崎駿なんて、こういう企画が好きなはずなんだけど。

ん、もしかして鈴木敏夫が原因か?


……いかんいかん、『アバター』ネタがあらぬ方向に。(汗)




*************
アバターのエントリーはこちら
http://mitarase.blog122.fc2.com/blog-category-13.html

【書評】『金持ち父さん貧乏父さん』ロバート キヨサキ (著), 白根 美保子 (翻訳), シャロン・レクター(公認会計士) (著)

2010年04月27日 00:01

大ベストセラーになった、「金持ち父さん」シリーズ第一作目。

元来、ベストセラーなるものを単純に遠ざけてしまうへそ曲がりなもんで、
中々読む機会が訪れなかった。
しかし、成功しているバリュー系投資家も、
「金持ち父さん」に啓発された方々が多い。

てなわけで、やっと手にとってみた次第。

これは……やはりベストスラーになるだけはあるなぁ。
「啓発」を辞書で引くと、
「知らなかったことを気づかせ,教え導くこと」とある。

その意味で、本作は一級品の啓発本でしょう。
サラリーマンが知らず知らず参加してしまう「ラットレース」。
税金やローンのための無意味な出世競争。
しかしこの競争はまったくゴールがなく、
自分をすり減らすだけである。

僕もサラリーマンの一人なので、非常に耳が痛い。

また、「金持ちは資産を買うのに、貧乏人は資産だと思って負債を買う」とある。
不相応な「家」や「車」のおかげで、どれだけのサラリーマンが苦労してることか。

そのお金があったら、やはり投資に回すべきだろう。
複利の力も借りれば、経済的な自由を手に入れられるのも遠い日ではない。

……とまあ、読み終えた感想は以上のもの。
自分が身近でなかった「金持ちの発想法」を教えられた気がする。
文字通り「啓発」だ。

けれど、本作を読んだだけでは、金持ちになるのは不可能だ。
「啓発」によって導かれた、具体的な先のことは書かれてないからだ。
実際、株式投資などをするときは、他の良書を多数読み、
勉強していかなくてはならないと感じた。



「キャプテン翼」の頭身がすごいと話題にby痛いニュース

2010年04月26日 02:44

「痛いニュース」で、キャプテン翼の等身が話題にされております。

これは確かに、痛い……。w

「キャプテン翼」の頭身がすごいと話題に
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1466903.html

ツバサ

骨格はどうなってるのでしょう?
高橋先生は、描いてて不自然さは感じないのかな。
それとも、もう普通の等身では満足できなくなってしまったんでしょうか。

ジャンプ少年だった、私もまさか翼たちが、
『男塾』びっくりの等身になるとは思ってもみなかったです!!!

こちらも、凄い!
『キャプテン翼』のゲーム。

ロクナナワークショップ~Web制作の基礎知識講座「映像や音声を扱う」に参加予定

2010年04月25日 00:08

現在、ロクナナワークショップでは毎月、Web制作の基礎知識講座が開催されています。
4回目にあたる5月分は、「映像や音声を扱う」がテーマなので私も参加しようと思っております。

自分の仕事とも直結しているので。

以下、詳細。
===================================
Web制作の基礎知識 第4回の内容詳細
http://67.org/uk/2010/04/uk_04.html

概要
日程: 2010年05月13日(木)
時間: 18:30 - 20:30(15分前からの開場となります)
料金: 無料
会場: 東京・新宿「 関東ITソフトウェア健保会館 」Conference A
講師: 上田キミヒロ

○第4回
「映像や音声を扱う」

●音のファイル
・デジタルの音ってなに?
・音波の電子化
・音楽のファイルと音のファイル


●映像のファイル
・映像とは?
・静止画+音声=映像
・圧縮
・映画>テレビ>ビデオ>インタラクティブ
・3D映像


●音声や映像とネット配信
・ストリーミングとは
・著作権問題
・生放送
・iPod+iTune


●Adobe Flash
・swfとFlashアプリケーション
・Flashビデオ
・Open Screen Project
・HTML5 vs Flash
===================================

アジェンダを見る限り、本当に基礎的なところばかりなんだけど、
自分が仕事でやってるのも、かなり「我流」なので、
これを機に基礎を見直したいと思います。

【映画評】単騎、千里を走る。

2010年04月24日 00:35

長い間断絶があった父と息子。
年老いた父は息子のために、単身中国へと渡った……。

主人公を演じた高倉健のように、ゴツゴツとした男気溢れる映画でした。
ふだんチャン・イーモウ監督は、ハッとするような鮮やかな映像で毎回楽しませてくれるのですが、
今回はそういったものもなく、悪く言えば地味。
良く言えば、直球勝負の映像演出に徹しています。

その狙いはばっちり決まっていて、言葉も通じない人間同士が表情一つだけで通じ合う。
電話やメールじゃなくて、直接眼を見て話しかける。
そこに、今回のドラマチックな部分があるので、派手な映像演出もそれほど必要とはされてないのです。

また、作品のテーマもその辺りにあるんじゃなかろうか、と。
交流のない父と息子。
ひいては、日本と中国。
まずは誠心誠意、眼を見て会話からですね。

ちなみに、タイトルの『単騎、千里を走る。』は、三国志の関羽将軍の仮面劇からです。
三国志は好きなんだけど、映画を見るまで判らなかったです。。。
エピソード自体は知ってたんですが、まさか映画の題材になってるなんて!


【書評】『斎藤一人 変な人が書いた驚くほどツイてる話』斎藤一人

2010年04月23日 00:01

「日本一の大金持ち」斎藤一人が説く「ツキ」の本。

前に出版されていた『変な人の書いたツイてる話』と
『変な人の書いたツイてる話PARTII』を合わせた文庫本。

単行本の方には、CDが付いているらしいけど、
値段もちょっと上がるので、こっちを買いました。

\540です。

これは安い!
ポジティブになるような考え方が学べて、
この価格はバーゲンセールです。

「ツイてる」って言ってれば、自然とツイてくる。

──考えるより、まず行動。
つまりツイてると言っていれば、
自然と前向きに「ツイてる」生き方になるんだと思います。

誰でも簡単に実践でき、明るい気分になれる一冊です。


次世代iPhone公開!!!

2010年04月22日 00:08

先日、「iPhone 4G / HDが床に落ちていた……!?」というエントリーを書いたけど、
これホンモノでした!


結末:Appleから次世代iPhone返却要請が届きました!(全文公開)
http://www.gizmodo.jp/2010/04/appleiphoneletter.html

ギズモード・ジャパンの記事には、Appleからの公式レターも公開されております。


しかし、落とした人。
今頃は無事では済まないような状況になっていると思われ。
くわばらくわばら。。。


20100421iphoneun.jpg

【書評】『さわかみ流 図解 長期投資学』澤上篤人

2010年04月21日 08:28

「さわかみファンド」代表・澤上篤人による、
長期投資の図解本。

雑誌等で、ちょこちょこ著者の考えを読んでたので、
この本では特に目新しいことはなかった。
「投機」でなく「投資」をしていこうとする者にとっては、
常識の範囲内でしょう。

とはいえ、フローチャートを駆使した投資の発想法には、
成程と思いました。
「マインド・マップ」のような図式からは、
思いがけないところから投資のヒントが得られそうです。

この辺りが、澤上投資術の奥義の一つなんだなぁ~と実感しました。


あと気になったのが、著者の話し言葉をまとめたような
本の作りになってること。
よくあるタレント本のような軽いノリは、
ゴーストライター調の文章とまったく一緒!

読み易さを重視したんだろうけど、
正直、著者の熱い思いは伝わってこなかったです。


リストラなう!とアニメ業界

2010年04月20日 00:01

某出版社にお勤めである、たぬきちさんのブログが相変わらず面白い。
今回は、書店現場から見た出版界の諸問題にも語られてます。

リストラなう!その16 書店の若い衆たちと
http://d.hatena.ne.jp/tanu_ki/20100418

以下、語られている一部の引用
=========================================================================
「佐々木俊尚さんの本読みましたよ。“コンテキスト化”を目指して棚を作ってみようと。文芸棚なのに半分近くが文芸じゃなくなっちゃうのが悩みです」と発注リストを見せられる。ああ、たしかに著者名あいうえお順の棚より管理が難しそうだが、プチ松丸本舗って感じの品揃えだ。

「結局、リストラしても出版社の問題は消えてなくなるわけじゃないでしょ」高杉君が断言する。

「新刊点数が増えすぎてること、返本率を下げられないこと、正味を変更して買い切りにさせられないこと。うちは努力して返本率三十何%をキープしてるけど……君らの担当ジャンルはどないやの?」
=========================================================================

現場の若い人たちの意見は良いですね。

業界は違えども、私の業界は……。

すみません。
業界の改革案というか、あらゆる産業の中で低賃金なので、
改革どころか、何から手をつけて良いのやら。。。

脚本を量産出来る人は良い方。
原画をガシガシ画ける人は良い方。
絵コンテをどんどん切れる人は良い方。

大部分のスタッフが、ギリギリの生活を送っている。

そして制作会社に席を置く私も、そうした上に立っている。

正直、あまり良い気持ちもしません。


代理店やTV局が搾取しているという見方もできるけど、
彼らの給料を下げても、実際の現場にはお金はきっと落ちてこない。

「あるある大辞典」で制作会社の捏造が問題になり、
現場の資金面も浮き彫りになったけど、何が変わったのか。

要は今までのシステムで行っている限り、
構造的には何も変わらない。


……とはいえ、たぬきちさんのような出版業界でも、
風雲急を告げているので、我がアニメ業界も徐々に良い方に変わるはず。

なぜって?


これ以上は底はないからね。OTL


以前のエントリー

「リストラなう」が非常に興味深い!

iPhone 4G / HDが床に落ちていた……!?

2010年04月19日 00:01

「iPhone 4G / HD」かもしれない謎の携帯、拾われる
http://japanese.engadget.com/2010/04/18/iphone-4g-hd/


ENGADGET 日本版によると、、、
=====================================================
出所は アップル本社にほど近いサンノゼ市内のとあるバーで、普通の iPhone 3G / 3GS ケースに入った状態で床に落ちているのが見つかったとされています。詳細はまだ確認できていないものの、現在のところ分かっているのは前面カメラらしきものがあること、なぜか「80GB」という半端なストレージ容量、以前は起動できたものの現在は立ち上げられないことなど。これが 6月発表ともうわさされる次世代モデル iPhone HD または iPhone 4G なのか否かはまだ確認できません。
=====================================================

……とのこと。

これ、かなり胡散臭い記事だね~。
でも写真もあるから、多少のリアリティもある。

オーラが感じられないデザインなので、
その意味でも、実用に適した=リアリティという向きも。

まあ6月になれば、新型iPhoneも出る予定なので、
もう時期判ると思うけど……。

【映画評】第9地区(DISTRICT 9)

2010年04月19日 00:01

第9地区


ある日、南アフリカの巨大宇宙船が現れる。
宇宙人たちは、ヨハネスブルグに第9区という共同居住地区に住み始めるが……。

最近、『ラブリーボーン』のような、イマイチの作品を手がけた、
ピーター・ジャクソンが製作ということで、
まったく期待していなかったのだが、これは中々の掘り出し物だった。

ピーター除く、スタッフもキャストも無名な人が多い。

とはいえ、映画の面白さはそこでは決まらない。

やはりベースになるのは、脚本・演出。
そしてアイデアである。

宇宙人ものというと、とかく人類の敵!となりがちだけど、
この映画は敵でも友人でもなく、人類にとって差別される存在として描かれている。

凶悪な犯罪者に対しても、大好きなキャットフード(!)欲しさに、
まんまと貴重な武器を渡してしまう無知さもある。

普通の人間社会の風刺にも考えられ、
擬似ドキュメントの演出により、説得力のある映像となっている。


また、主人公は、ある事をキッカケに人類から追われる立場になってしまう。
かと言って、宇宙人の方に助けを求めるわけには行かないが……。

ここに葛藤が生まれて、ドラマがドライブして行く。

ただ最終盤近くまで、主人公の成長が見られないのは、
どーよと思ってしまった。

まあ、愛する妻への思いというのが、
しっかりと描けてないから、どうしてもそこの部分は弱くなってしまう。

例えば、作劇的には、、、
妻への愛
→何故愛しているのか
→主人公を主人公たらしめる妻のエピソード
→だから妻は、主人公にとって掛け替えのない存在である
……といったプロットにすれば、
一見、成長もなく情けない感じの主人公だけど、
問題から逃げる理由の着地点が見つけられたはず。

今のままだと、ワガママで身勝手にも感じられ、感情移入しにくい。

そこの点が少々惜しく感じられた。


Strikeforce: Nashville→ライブ中継ほぼ決定

2010年04月18日 00:01

だいぶ前にPRIDEが潰れ、K-1では魔裟斗が引退し、
日本の格闘技界はすっかり秋風が吹いている状況になってしまいましたが、
海外は熱い!!!

先日、アブタビで大会を行ったUFCを初めてとして、
日本のファンにも馴染み深い選手が出ているStrikeforce。

そう。
今日は、StrikeforceのNashville大会なのである。

Strikeforce
http://strikeforce.com/

nashvilleweighinssmall.jpg


魔裟斗が引退した年末のダイナマイトで、
廣田瑞人の腕を折り、放送禁止ポーズまで行った青木真也も登場。

ダイナマイト




青木真也Twitter
http://twitter.com/waoki


直前まで調整してたようだけど、今日の朝10時(日本時間)ぐらいからネットでライブ中継も行われるようです。

ホント、今の時代はTVなんて要りませんね。。。

あ、でもこの大会はCBSでゴールデン生中継されるのか。
日米のギャップを感じます。

スタンリー・キューブリック監督の「失われた」脚本が、死後11年ぶりに映画化へ - シネマトゥデイ

2010年04月17日 00:01

昔、キューブリックがなくしてしまった脚本が見つかって、
関係者一同、色めきだっているようです。


スタンリー・キューブリック監督の「失われた」脚本が、死後11年ぶりに映画化へ - シネマトゥデイ


引用================================================
故スタンリー・キューブリック監督が、1960年代に製作に着手しながらも中止となってしまった伝説の映画が、スカーレット・ヨハンソンとサム・ロックウェルの共演で現代によみがえることとなった。
この作品は、キューブリック監督と小説家のジム・トンプソンが1950年代に脚本を執筆した「ルナティック・アット・ラージ」(原題)で、1956年のニューヨークを舞台に、精神病院から抜け出した殺人犯をめぐるストーリー。当時、映画『スパルタカス』のオファーを受けたキューブリック監督は、製作を一時中断、その後脚本が行方不明となり、映画化が頓挫してしまった。
====================================================

記事を読んでもキャストはともかく、
どんなスタッフでやるかは書かれていません。

誰が、演出やるんだろう?

まさか、またスピルバーグ!?
『A.I.』のようなものが出来上がっても、
天国のキューブリックは喜ばないと思うよ。


まあ映画はともかく、脚本は絶対読んでみたいので、
出版を希望します!
電子出版でももちろんOKっす。

【映画評】時をかける少女

2010年04月16日 00:01

時をかける少女


近年、アニメでも好評を博した『時をかける少女』を再度映画化。
主演はアニメ版同様、仲里依紗。

この映画は、何と言っても仲里依紗の「鼻」につきます。

美少女なんだろけど、主張のある鼻で、
いわゆるブサ可愛い感じになって、
今までの『時をかける少女』とは違った感じになっています。

大林版の原田知世の場合は、世間を何も知らぬ、
小顔で華奢な主人公が青春を駆け抜け、ちょっぴり成長する物語だったけど、
今回は仲里依紗ということで、見た目はやや肉食系。

現代っ子で、過去に遡っても、それほど物怖じしない。
しかし、そんな彼女も「初恋」を知り、
成長する青春ストーリーになっています。

でもまあ今回の映画でも、若い頃の原田知世のような少女が主役をやった方が、
ドラマ的にも素直で、しっくり来る気がします。

『時をかける少女』は、単純な現代劇ではないのですから、
現代っ子そのものの仲里依紗が過去に行っても、
パワフル過ぎで、その時代と対峙するどころか、
ケチらしてしまう感じがします。

またアニメ版の主役だからと言って、
そのまま実写の主役にさせるのは、安直過ぎます。

仲里依紗が主役なので、ヒットしたアニメ版とも相乗効果が出て……といった、
この映画のパワポの企画書が容易に想像できちゃいます。

やはり、仲里依紗はゼブラーマンの最強のライバル・ゼブラクイーンの方が良く似合う。
特徴的な鼻も、ここなら活かせるでしょう。。。


KORGのmonotronが、ちょっと欲しい……

2010年04月15日 00:01

ちょっと前の記事になりますが、engadgetにKORGのmonotron記事が出ていました。

動画:KORGのシンプルシンセ monotron 演奏風景
http://japanese.engadget.com/2010/03/25/korg-monotron/

100324-monotron-g02-1269447747.jpg


動画を見たけど、これ結構面白そうです。
昔から衝動的に、こういうの買ってしまってるし。


小さすぎて使いにくそうだけど、狭い我が家には合ってますしね。w


【映画評】シャッター アイランド(SHUTTER ISLAND)

2010年04月14日 00:01

シャッターアイランド


一人の女性患者が、精神病患者を収容する孤島から疾走した。
連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、相棒と共にこの島に乗り込むが……。

「全ての“謎”が解けるまで、この島を出ることはできない。」
この映画のキャッチコピーだ。

であるからして、この映画を観る前から、
サプライズに対しかなり身構えてしまうのだが、
こうした見方になってしまうのは、あまり良くないと思う。

なぜなら、ヒッチコック的である王道サスペンスと思いきや、
実は、主人公の死んでしまった妻に対する愛……歪んでしまった愛、そしてそれの身勝手な(?)贖罪が感じられるからだ。
きっちりドラマも押さえられているのである。

だから、この映画の見方は、
頭を空っぽにして観るのが正解。

スコセッシ監督映画の中では、かなりエンタメ寄りだし。

もちろん、巷にあるような軽い……映画館を出て三歩歩けば忘れてしまうような、
安直な映画とは違って、演出・役者・音楽も一級品。
ずっと画面に出突っ張りのディカプリオも頑張ってたし、
それこそヒッチコックを思い出させるカメラワーク、
音楽も、伝統的な映画音楽を感じされる重厚さ。

映画としての「格」が、ヒシヒシと伝わってくるのだ。

また、場所の設定も見事。
起伏に飛んだシャッター アイランドは、崖あり、
山あり、海あり、灯台あり、そして謎の精神病棟ありで、
それだけでも「画」が作りやすい舞台になっている。

そこで華のあるディカプリオが縦横無尽に活躍、
いや暴れまわるのだから、面白くならない訳はないでしょ、これは。


「ラーメンなう」でBOTが起動する!

2010年04月13日 00:01

以前、くりらじで聞いたんですが、
Twitterで「ラーメンなう」とつぶやくと、
すかさずBOTが起動して、返事を書いてくると。。。

ホントかなと実験してみたら、ホントでした!!!


下記のツイートをしたら、
ラーメン


こんな返事が。


うまそう2

いかにも馴れ馴れしい。

ところが、この「ra_men_daisuki」さん(?)のところに行くと、
この馴れ馴れしい文言がずらりと並んでいます。w

そして極めつけが、フォロー数が「0」。
被フォロー数は「1072」と、極めてBOTらしいっす。

ラーメン大好き


でも色々調べると、ラーメン二郎BOTもあるのですね。

https://twitter.com/jirolian


奥が深い。。。


TwitterFeedの復活。そして伝説へ……(誇張)

2010年04月12日 00:36

先日来、TwitterFeedの調子が悪く、調べてみると、
どうやらFC2 BLOGのRSSの仕様変更のせいだと分かったのだが、
この休日は色々と試行錯誤していました。

しかし、どうにもうまく行かない。
と、同じFC2ブログを使って、同じ悩みを抱えてらっしゃったHiroさんのブログを発見。

当ブログの右サイドバーにあるブログ内検索は、FC2が行った3月のブログ検索画面の仕様変更 により、検索結果の画面に、広告が表示されるようになった。 但し、当ブログのように、変数 <!--search_area--> を設定しているテンプレートでは、 従来通り、同一デザイン(テンプレート)内に、検索結果を表示する事が可能です。 その場合は、検索結果から開いた
ブログ内検索の不具合 [4]



今回の答えがずばり書いてありました!
以下、引用させて頂きます。
===============================================================================
「ブログの記事をTwitterfeedを通してtwitterに自動ポストできなくなってしまった」
という不具合も発生したが、 twiteerfeed サイトで、
FEED NAME と 新URL を登録し直したら、元通りになった。
「http://feeds.fc2.com/fc2/xml?host=ブログID.サーバー番号」
===============================================================================

私のTwitterfeedも同じように設定し直したら、
問題なく解決されました。


一時は、FriendFeedを使ってみて、まったく反映されずドツボにはまり。

またあるときは、TwitterfeedとFriendFeed同時に設定したら、
Twitterfeedがいち早く、ブログを拾ってくれたのは良いが、
Twitter上では「FriendFeedでテスト投稿」とまったく勘違いなツイートをしてしまったり。w

Twitter2.jpg



でも、まあ終わりよければすべてよし。

Twitterfeedでうまく行ってるようなので、しばらくこれで様子を見ます。



FriendFeedでテスト投稿 その2

2010年04月11日 19:47

FriendFeedでテスト投稿してみたが、Twitterで反応せず。

設定が悪かったのか!?

ちょこっと設定を変更して再投稿。


今回は果たして……?

FriendFeedでテスト投稿

2010年04月11日 09:49

Twitterクライアンとして、TwitterFeedから、FriendFeedに変更してみた。

そこで早速のお試しエントリー。


きちんとTwitterに反映されるかな。。。

コンチのふる里で、東原亜希、デスブログ伝説に遭遇

2010年04月11日 00:02

鎌倉を拠点に活躍する、面白法人KAYAC

KAYACが制作するポケットフレンズ・コンチは日々、私のケータイでもすくすくと(?)育っております。

こんち


まあ、形状は正直言って、男性にはおなじみのアノ形なのだが、
しぐさが可愛く、つい構ってしまう。


そんなコンチのふる里が、ここ鎌倉なのだ。

100322_1616~01

写真は、KAYACが経営するカフェ・bowls
この日は貸切だったので入れませんでしたが、
店内はスタイリッシュ&独創的なのにも関わらず、
かなりくつろげることができます。

休日は行列必至です。


そして鶴岡八幡宮に行った時、人だかりが!!!
ご神木がなくなっている!!!!!

100322_1725~01

どこか既視感があったので、何とか記憶を手繰り寄せた結果、
思い出したのは、、、何と、、、
書くのもはばかれるが、、、
東原亜希、デスブログ伝説です

東原亜希、デスブログ伝説再び「鶴岡八幡宮に行ってきたよ~」→ご神木倒壊
http://news109.com/archives/2858723.html


東原伝説が、急に身近なものになって、かなり冷え冷えとした気持ちになってしまいました。w

TwitterFeedが逝ってしまった!?

2010年04月10日 01:22

TwitterFeedがここ数日、まったくブログの更新を拾ってくれなくなった。

だもんで、色々原因を探ってたら、
FC2 BLOGのRSSの仕様変更があったようですね。

私とまったく同じ悩みを抱えている方もいらっしゃいました。

ブログの記事をTwitterfeedを通してtwitterに自動ポストできなくなってしまった
FC2ブログの歩き方

解決方法も今のところなさそうなので、近日中に乗りかえようと思います。

参考

ブログの更新情報はFriendfeedじゃなくて、WordTwitでTwitterに流すことにした
百式

TwitterFeedから、GoogleFeedBurnerへ乗り換えテスト
SLOW BIZ


……もうちょっと検討してみるけど、WordTwitが良さそうかもですね。
でも、GoogleFeedBurneも使ってみたいですが。

『電子書籍の衝撃』を無事に手に入れました!

2010年04月09日 00:15

昨日は、ディスカバーデジタルブックスのサーバーが落ちたため、
『電子書籍の衝撃』のiPhone版をDLする以前に、
創刊記念キャンペーンサイトへアクセスさえできなくなってしまった。

しかし、今日は無事に復旧したようで、
きちんを『電子書籍の衝撃』をゲットできました!
110円が無駄にならなくて良かったです。。。

100408_2039~01

ケータイで直接、写真撮ったらモアレが凄いな。

100408_2040~01

うむー。こちらの写真もイマイチだな。


でも、ビューアの性能が良いのか、
横スクロールでサクサク読めました。

サクサク感が非常に心地よいです。
これは紙の本にはありませんね。

新たな発見でした!

『電子書籍の衝撃』創刊記念キャンペーンが落ちた……!

2010年04月08日 00:25

佐々木俊尚さんの新著『電子書籍の衝撃』が、電子ブックだと110円で購入出来る!!!


詳細

ディスカバー デジタルブックス
http://store.d21.co.jp/

====================================================================================
紙とデジタルを読み比べよう!『電子書籍の衝撃』創刊記念キャンペーンのお知らせ

『電子書籍の衝撃』の刊行を記念し、4/7(水)正午~4/15(水)正午の一週間デジタルブック版『電子書 籍の衝撃』を110円で販売キャンペーンを行います!

この機会に、デジタルブックと紙の本を比べ読みしてみ ませんか?
書籍版(4/15刊行)の発売に先駆けて行うこのキャンペーン。
先着一万ダウンロード限定です。
4月15日からは、デジタル版も通常価格1000円での販売となり ますので、気になる方は、お早めにどうぞ!4/7正午からスタートします。
====================================================================================

しかし、好事魔多し。
アクセスが殺到し、サーバーがダウン。

サーバーダウンの衝撃!

ディスカバー

仕事をサボしながら、
仕事の合間を抜いながらDLしてたのだけど、
一向に、DLできない理由はこれで分かりました。

もう110円をクレジットカードで払ってしまったので、
最終的にはDLできなかったら問題だけど、
今必死に、技術者がサーバーを立ち上げ直そうとしているようです。

まあ明日まで、様子見ですね。

期待もあり不安もありますが。w


mixiとブログの連動に失敗!

2010年04月07日 23:51

完全放置気味のmixiに、このブログを連動させようと設定したのだが、
mixi側でURLの表示を間違えていて、こちらのブログに飛ばせていない状況だった。。。


くしょ~~~~!




今は設定し直したので、バッチリなはず。

【映画評】シャーロック・ホームズ(SHERLOCK HOLMES)

2010年04月07日 00:02

シャーロック・ホームズ


ご存知、世界一の名探偵・シャーロック・ホームズを、
ロバート・ダウニー・Jrが演じているのだが、
これこれで、かなりハマっている。

本来ならワトソン役のジュード・ロウが、
クールなホームズ役を演じるのだろうけど、
それだと人間臭いドラマが出にくい。

霧におおわれたロンドンで、うごめく人間たちの欲望。
そこではやはり、ロバート・ダウニー・Jrのような泥臭いホームズが良く似合う。

とはいえ、ホームズらしくないということもない。
推理への集中力や、意外と武道も中々強いといった、
設定は、見事に映像として演出されていた。

また全体としては、謎解きといったミステリー色は薄く、
アクション・ミステリーのような趣がある。

けれども、肉体派のホームズだから仕方のないのかもしれないが、
最後の最後ではアッと言わせる名推理を見せて欲しかったのは、
多くを求め過ぎなのだろうか。

あと、この作品。
シリーズ化への色気が満載である。
ホームズ最大の宿敵・モリアーティーのことも、
劇中、チラっと触れられている。

果たして続編はあるのだろうか?
もしないのならば、かなり中途半端な作品であると思うよ。


「リストラなう」が非常に興味深い!

2010年04月06日 00:01

久々に面白いブログを発見。

たぬきちの「リストラなう」日記
http://d.hatena.ne.jp/tanu_ki/20100329/1269871659

出版社にお勤めのたぬきちさんが、身を持ってリストラされるまでの日記です。
ブックマークも多いので、私も覗いたら、
読むのが止められなくなってしまいました。

非常に興味深いです。


どことなく、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』にも似た感触はありますが、
コチラの方が、より筆者の顔も見えて、ホントの実録(に近い)の切実さが感じられます。

会社。
先輩。
同僚。
後輩。

そして取引先の人たち……。


電子出版の波がそこまで来ている激動の時代。

その波に抗うもの。
その波を無視するもの。
そして、その波が来る前に去っていくもの。

たぬきちさんのみならず、私もサラリーマンの一人なので、身につまされます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。