スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ映像を個人制作するFlashアニメ作家が登場 -「インタラ塾(特別編)」

2010年06月11日 00:01

http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/06/03/s5intara1/index.html




このイベント行きたかったな。

最近、個人クリエーターと知り合う機会が多くて、
凄い刺激になってます。

今の自分はプロデュース側の人間だけど、
やはりコンテンツ……いや作品を作りたいなぁ。


ここ最近、残業時間は100時間。
でも、少しでも時間を見つけて、やっていかなくちゃね。
(……と、自分を鼓舞してみる)
スポンサーサイト

Flashの父がAppleを一喝

2010年05月27日 00:37

ジョブズのおかげで、Flash<HTML5という認識が広まったけど、
Flashの父Jonathan Gay氏がインタビューで反論をしております。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/05/20/jonathan_gay/index.html




一部引用
=============================================
また一方で、従来の主力だったアニメーションやRIA全体については引き続きFlashが主力であり続けるだろうという。動画技術については、「私の見解ではH.264はオープンスタンダードとはいえず、FlashでH.264をサポートしたとき年間約500万ドルの特許使用料が発生している」と問題を提起している。これはWebブラウザにおけるHTML5のビデオタグサポート問題に直結する。
=============================================

――なるほど。
H.264は特許使用料が発生が発生しているのかぁ。


Googleはその辺に狙いをつけて、次世代のコーデック「VP8」を進めているのですね。

Google、賢い買物―VP8ビデオ圧縮技術のOn2を$106Mで


この辺、かなり勉強不足だったけど、色々繋がってきました!

Flash Love Letter by Nathan Germick

2010年03月12日 00:04

Flashへの思いが強すぎて、ややキモイ領域まで踏み込んでしまった動画を発見!
当代一のAS遣い野中さんが、F-siteのブログでご紹介されてます。

--------------------------------
Flash Love Letter
http://f-site.org/articles/2010/01/08121725.html

Flashへの熱い想いを、ミュージック・ビデオにした作品です。
Nathan Germick氏が、「Flash Love Letter」という記事をもとに、昨年のサンフランシスコで催されたゲームの会合向けにつくられたそうです。
--------------------------------



終始カメラ目線なので、多少?引きますが、
ここまで一つのソフトを愛せる人は、羨ましくなります。
自分の場合は、何だろうな……。

う~ん、ソフトというよりか、
Googleの一連のサービスは手放せないかもです。


Let's monetize it!

ラファエル・ローゼンダールの個展「I'm good」

2010年02月02日 00:01

ラファエル・ローゼンダール


東京・築地のTakuro Someya Contemporary Artにて開催されている、
ラファエル・ローゼンダールの個展「I'm good」に行ってきました。

ラファエル、誰?という方は、
Flashを主に使った、前衛(?)アート満載である彼のページをご覧ください。

http://www.newrafael.com/

作品が掲載されているドメインそのものを販売しているそうです!


作品自体は、まあ意味のない感じもしますし、
癒されるような感じもします。

ただやっぱり現代アートだなぁと思うのが、
コミュニケーションの概念が、どの作品にも入ってると感じられる点ではないでしょうか。
マウスオーバーすると、オブジェが色々動くしね。
また、Flashというのが、彼の創作意欲を満たすには最適なツールであるとも思いました。


で、肝心の個展ですが、
これは正直ネット上で見てるのと変りなかったです。汗……

FROMTHEDARKPAST.COM (2009)
HYBRIDMOMENT.COM (2009)
AESTHETICECHO.COM (2009)

――上記3点が展示されていたのですが、
大画面で観られるのは良いけど、果たしてそれだけのために、
出かける必然性があるのかは、甚だ疑問。

そういう意味でもラファエルは、大時代的なアートの時代ではなく、
ネット時代の申し子なんでしょうね。


http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/20/075/index.html

まつばらあつしの「はじめてつくるアニメーション」(2)

2010年01月12日 01:45

去年アップルストアで行われた、まつばらあつしさんのFlashアニメセミナーですが、
以前下記エントリーとFlashアニメの制作を行いました。

http://mitarase.blog122.fc2.com/blog-entry-25.html


しかし、音もなく寂しい……!
というわけで、ロボットが歩く効果音を付けてみました。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。