スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】『難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』大塚健

2012年11月23日 23:37

凄まじい本だった。

いや、内容の繰り返しも目立つので、本のクオリティとしては、それほど高いわけではない。

しかしながら、K-BOOKS会長・大塚健の壮絶な人生が垣間見られるので、それだけで凄みがある。

本のタイトルの後半部『「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』だけ見ると、なぁんだ、安直なサクセス本かと思ってしまうけど、タイトルの前半部『難病で寝たきりでも』がこの本の眼目である。

何しろ大塚は重度の身体障害者なのだ。
筋ジストロフィーという不治の難病に侵されている。
この病気は、寿命が20歳というのが定説らしい。

成長とともに、筋肉の萎縮と筋力の低下が起こり、大塚は今や手足を動かすどころか、まぶたを開くこともできない。

ものを見るときは、まぶたにテープを貼って無理やり見る。
呼吸は人工呼吸。
食事は「エンシュアリキット」という必要最低限の栄養が入った飲み物をのむだけ。

しかし年商50億円のK-BOOKSの経営を立派に行なっているのだ。
文字通り「他力本願」でだ。

大塚の社員教育は厳しいようだ。
部下はまず褒めるより怒る。かなり泣かされている社員もいる。
しかし、本著の中では語られていないが、僕はそこに「愛情」を感じた。
本気だからこそ、怒る。
相手を思っているから、怒る。
自分は自由に動けない、しかし君は自由に動ける。
それなのになぜ、できないと怒る。
怠惰な人生を送っている僕も、この本を通して大塚に怒られている気がしたが、不思議と悪い気はしなかった。
むしろ更に頑張ってみようと思ったぐらいだ。

あと、K-BOOKSでは毎月、中古コミックや同人誌等の買取テストがある。
300ぐらいの問題に答えていく過酷なテストだ。
これに合格していかないと給料も上がらないし、社内の立場も段々無くなってくる。
これには学歴も年齢も関係ない。
ひたすら自分の知識だけが頼りだ。

K-BOOKSの社員定着率は悪いみたいだけど、残っている従業員はこうしたテストで勝ち抜いてきたエリートだ。

マッドハウスの創立者である丸山正雄は、マッドの経営がメチャクチャになったときに「それでも、マッドハウスにいるスタッフは、マッドハウスがなくなったとしても、どこへ行っても仕事には困らない技量がある。だから心配しなかった」と述べていた。

K-BOOKS創業者の大塚と、オタクエリートたる社員の関係にも似ている気がした。

スポンサーサイト

【書評】『あんぽん 孫正義伝』佐野眞一

2012年05月14日 23:54


あんぽん 孫正義伝あんぽん 孫正義伝
(2012/01/10)
佐野 眞一

商品詳細を見る



佐野眞一の『あんぽん 孫正義伝』を読み終えた。

本著の中で、著者が自画自賛(?)しているように、確かに、今まで出版された孫正義の伝記より、はるかに本人に肉薄している。

本人のインタビューはもちろんだが、その本人以上に実の父・三憲のインタビューのボリュームが多い。裏の主役である。
養豚と密造酒で生計を立てていた三憲は九州でパチンコ経営に手を染め、成功を収める。だが、生来の喧嘩っ早い……いや、少々エキセントリックなぐらいアグレッシブな性格も災いして、親類と揉めに揉め、血と骨の争いをしている。三憲は、本の中で、周りの親類のことをかなり悪し様に言っているが、これもお互い様という感じもする。愛人を作り、女房とは別居。これは昔の話ではなく、現在進行形の話である。

そんな両親を持つ、孫正義はよくグレなかったなぁと思う。

祖父は密航者。
祖母は仔豚に自分の乳を与えたりもしていた。かなりギョッとするエピソードだけど、逆に言えば、それだけ愛情が深い人間だ。密航してきた祖父だって、フロンティアを求めて日本に来たわけだから、それは現在の孫正義にも影響を与えているのかもしれない。

著者は韓国へ渡ったりし、孫正義も知らないルーツを確かめルポにしている。圧倒的な取材量で、稀代の実業家の人間像を浮き彫りにしている。

孫正義自身も、率直に朝鮮部落の貧民街時代のことも語り、好感が持てる。

しかし、この本の足りない点は、別居している実の母・玉子へのインタビューだ。当然。アクセスはしたんだろうけど、孫一族の他の親戚がバンバン出ているのだから、何としてでもインタビューをして欲しかった。

この祖父・祖母・父がいて、孫正義が出来た……というのは、判る。
けれど、男にとって一番身近である母親からの視点がないと、どうも座りが悪い。

著者や編集者の責任ではないにしろ、文庫や改訂版が出たときには、ぜひ母親からの話も載せて欲しい。

【本の感想】『パチンコがアニメだらけになった理由(わけ) 』安藤健二

2011年07月13日 02:09


パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)
(2011/01/08)
安藤 健二

商品詳細を見る


だいぶ前に読んだ本だけど、自分の中でまとめてなかったので、
備忘録としてここに書いときます。

パチンコがアニメだらけになった理由

実は、決定的な理由は書かれていない。

極めて取材が困難だったらしく、
結論は著者の推測の域を出ていないが、下記の通り。

▼映像コンテンツが欲しいパチンコ業界
・迫力ある映像や、魅力的なキャラを一から開発するのは大変

・実写系は許諾を得るのが難しいし、ライセンス料も高額

・アニメのライセンス料は安い。しかも権利も製作委員会に一本化されている

・だから、パチンコがアニメだらけになった。
・しかもヒットしてないものなら、安い許諾料で買い付けられる

▼ライセンスマネーとリバイバル効果に期待するアニメ業界
・パッケージビジネスの不振

・パチンコの許諾料は、低くても数千万円

・『エヴァ』のように、パチンコ台がヒットすれば、原作人気も復活する可能性もある

……と2つの立場から、結論づけられています。
自分はアニメ側の人間なのですが、この結論は極めて妥当。

あえてここに付け加えるのなら、現在進行形のアニメ企画でも、
提供料とかの問題で、パチンコ系は最初から組み込まれている。
実際、委員会のメンバーだったりするし。

しかも出す金額がデカイ。

分かりきったことだけど、今のアニメのパトロンはパチンコ・パチスロなんだね。

【読んだ本】『電子書籍のつくり方・売り方』小島孝治

2011年07月11日 18:35


電子書籍のつくり方・売り方電子書籍のつくり方・売り方
(2010/10/07)
小島 孝治

商品詳細を見る



オールフルカラーで実に読みやすい本だった。

また何がなんでもセルフパブリッシングに拘るんじゃなくて、
アプリ型は業者に任せるべきと、しっかり項目も割いてある。

こういったところも、信用に足る本を感じさせる。

けれど、少々退屈なのも確か。

なぜって、良くも悪くもこれはマニュアル本。

電子書籍にチャレンジする人にとって、参照しやすい作りを追求した本だからだ。

「売るためのテクニック」についても、奇を衒ったところはない。

手元に置いておきたい一冊だ。

【書評】『ソーシャルゲーム業界最新事情』徳岡正肇

2011年04月24日 21:15

仕事のため『仮想世界錬金術』のあとに、『ソーシャルゲーム業界最新事情』を読んだ。


ソーシャルゲーム業界最新事情ソーシャルゲーム業界最新事情
(2011/04/09)
徳岡 正肇

商品詳細を見る



う~~~~~~ん、もっと実践的なことが書いてあると思ったんだけど、
概略+開発に関わる人々のインタビュー集といった趣きだった。

『ソーシャルゲーム業界最新事情』というタイトルからすると、
確かに中身はその通りだけど、もっとも興味のあるマネタイズの方法とか、
具体的な事業戦略とかは書かれていなかった。

まあ、そもそも僕のような読者はターゲットではない。

ズバリ言うと、
ソーシャルゲームの会社に入りたい、
仕事がしたいっていう人が、ターゲットだ。

この本の3/4を占める各インタビューでも、
御社ではどのような人材が求められているのか?
を必ず聞いているし。

その意味で、、、
・概況→業界研究
・インタビュー集→先輩社員からのアドバイス
……という構成からも伺えるように、
ソーシャルゲームの会社入社のマニュアル的な本だった。

あと意図的なものだろうけど、「ソーシャルゲーム」がテーマの本で、
モバゲーやGREE担当者へのインタビューがないことに、違和感を感じた。
ちょっと残念かな。


仮想世界錬金術―モバイルソーシャルアプリに見る現代ディジタルコンテンツ革命仮想世界錬金術―モバイルソーシャルアプリに見る現代ディジタルコンテンツ革命
(2011/02)
山上 俊彦

商品詳細を見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。