スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

amazon_USAから、もう送ったとの連絡が来た!

2011年01月12日 00:05

先日、『キック・アス』商品をAmazon_USAで注文したと書きましたが、
もう送ったとの連絡がありました!

対応早っ!!

楽天ブックスとは大違いですね。

本の方の到着は、来月半ばぐらいになる見込みだそうですが、
ポスターの方は、本日出荷されたされたみたいです。


また、オハイオから日通で来るらしい。
=================================================
This shipment will be delivered by Nittsu - Japan Shipments from Ohio.
=================================================

今のところ順調すぎるぐらい順調なので、
これから落とし穴がある気もするけど、
まあ気長に、そして楽しみに待ってます!

アマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したかアマゾンの秘密──世界最大のネット書店はいかに日本で成功したか
(2005/01/28)
松本 晃一

商品詳細を見る

スポンサーサイト

【映画評】キック・アス(KICK-ASS)

2011年01月09日 20:28

キック・アス

『ダークナイト』以来の衝撃!!!

アメコミ映画という枠には収まらず、
広く一般的な意味でも
『キック・アス』は歴史に残る映画だと思います。

基本的なプロットは、能力のない人間がヒーローを目指し、
ついにヒーロになるというもの。

でもこれだけの内容だったら、映画に限らずマンガでも、
コミックでも、ラノベでもごく有り触れているはずだ。

けれど、この基本プロットをブッ壊すような……
『ダークナイト』でいうと、ジョーカーのようなキャラクターが誕生した。

その名は、ヒット・ガール!!!

普通であれば、いわゆるコミック・ヲタの主人公、
キック・アスことデイヴの成長話しになるんだろうけど、
たぶん映画の制作者たちも知らず知らず、
ヒット・ガールの復讐譚の方に肩入れするようになってしまったんだろう。

普通だったら、この段階で映画としては破綻するに違いないが、
この映画はキャラクターの魅力で押し切ってしまった。

素顔を見せたあどけないヒット・ガールが、敵地に乗り込むときの音楽は、
『夕陽のガンマン』のテーマ曲だよ。

おまけにジョン・ウーばりの2丁拳銃ガンアクションもあり、
悪いヤツには容赦ない。
逆に力はないが、良き心を持っている人間には優しさを見せる。
だからキック・アスも救われる。

父親役のニコラス・ケイジも良い。
一見普通のヒーローだが、心の中には、
ドロドロした復讐心を抱えている。
こんな父親を持つと娘は苦労するが、その結果、
ヒット・ガールが生まれたのだから、
世の中、こういう父親がいても良いんじゃないか!?

また、敵方ではクリストファー・ミンツ=プラッセが演じる、
レッド・ミストも、いい味を出している。

孤独なマフィアの息子。
そんな彼は、キック・アスに出会い、
友情を知る……わけではない!

キック・アスに多少の憐憫の情も湧いたりはするが、
恐いオヤジに一喝されると、たちまち意見を引っ込める。

腕力もないが、覇気もない。
小狡いだけの頭はあるが、
基本的にアホである。

最後は改心してメデタシメデタシなんて、
キック・アス!
またまだ若いっていうのに、
タポタポ顎の肉が弛んでいるのも、
キャラクターから考えると二重丸。
いるだけで「絵」になってるよ!


聞くところによると、
『キック・アス』は既に続編の制作が決定しているという。
早く彼らに会いたくてたまらない!!!



Music from the Motion PictureMusic from the Motion Picture
(2010/07/13)
Henry Jackman、 他

商品詳細を見る



キック・アス (ShoPro Books)キック・アス (ShoPro Books)
(2010/11/19)
マーク・ミラー

商品詳細を見る

【映画評】エクスペンダブルズ(THE EXPENDABLES)

2010年10月24日 22:37


エクスペンダブルズ

誰もが思いつく企画の映画だけど、誰もが実現できる映画ではない。

そんな企画を実現させてしまったスタローンは、やはり凄い。
議員となっているシュワルツェネッガーでさえ出演させてしまっているのだ。

その行動力や良し!

ストーリーは単純明快な勧善懲悪もの。
要は筋肉ドリームチームが、
南米の、と島国の独裁者を殺害することである。

余計な感動もいらない。
筋肉ドリームチームが画面に出てるだけで、お腹いっぱいだからだ。

一方、描写はやや過激である。
80年代的ではなく、『ランボー/最後の戦場』のようなバイオレンス的な感じもある。

とはいえ、「筋肉」「筋肉」で押しまくる感じは、
十二分に80年代的である。
懐かしさを覚える……。
俺も年を食ったものだ。
しかも映画タイトルは「エクスペンダブルズ」=「消耗品」だと。。。
ハァ、早くも俺も引退か……と思いきや、
この映画での、筋肉ドリームチームの活躍を見ると、
俺もまだまだヤレると思ってしまう。

そう。
ロッキーを観て、体を鍛え始めたときのように、
映画を見終わった後は、不思議な高揚感に包まれるのだ。
やっぱり映画は、こうじゃなくちゃね!!

ただ最後の歌は、長渕じゃない方が良いと思うよ。
それこそ80年代は活躍したけど……ってな感じの歌手にしといた方が、
より映画のコンセプトに合ってる気がした。

【ムービー・マスターピース】 『エクスペンダブルズ』 1/6スケールフィギュア バーニー・ロス【ムービー・マスターピース】 『エクスペンダブルズ』 1/6スケールフィギュア バーニー・ロス
(2011/02/25)
ホットトイズ

商品詳細を見る

【映画評】ヤギと男と男と壁と(THE MEN WHO STARE AT GOATS)

2010年09月02日 00:44

イラク戦争が舞台と書くと、
『ハート・ロッカー』のような硬派映画が思い浮かぶけど、
この『ヤギと男と男と壁と』は、それとは真逆の映画。

一言で言うと、かなりシュール。

名優ジョージ・クルーニー演じるリンは、
超能力特殊部隊「新地球軍」という胡散臭さ。

彼が中心となって、新聞記者のユアン・マクレガーが振り回すのだが、
もちろん、この世にはそうそう超能力なんて、あるはずない。

しかしながら、この映画自体がヒッピー思想に溢れた、
多幸感たっぷりのテイストになっているのだから、
あるかも?という感じにさせられてしまう。

基本、緊迫感あるイラク戦争の最中なのにね。

とにかく肩の抜けた作品である。

で。
こんな映画はどこかであったなぁと考えたら、
『M★A★S★H』だった。

戦争。
皮肉。
ユーモア。

共通のキーワードだ。

とすると、『ヤギと男と男と壁と』は、
現代版『M★A★S★H』なのか。

ん……いや、違うな。
むしろ『スターウォーズ』的かも。

SF。
戦争。
ジェダイ。w

リンが、実際の『スターウォーズ』でオビ=ワンを演じたユアン・マクレガーに、
「ジェダイ」の力が云々と、結構頻繁に説くのだから、
いったい、何の映画を見に来たのか、バカバカしくも混乱した。

でも、この混沌としたシュールさが、
この映画の醍醐味なんだろうな。


スター・ウォーズ・ベスト/オリジナル・スコア ジョン・ウィリアムス作品集スター・ウォーズ・ベスト/オリジナル・スコア ジョン・ウィリアムス作品集
(2005/06/22)
サントラ

商品詳細を見る

【映画評】ベスト・キッド(THE KARATE KID)

2010年08月27日 07:56

ウィル・スミスが役者でなく、プロデューサーとして企画し、
自分の実の息子ジェイデン・スミスに主役を演じさせた「ベスト・キッド」のリメイクもの。

ベスト・キッド=原題はThe Karate Kidである。

でも、この映画は空手ではなくて、
カンフーが主軸になってしまっている。

おまけに、ウィル・スミスの親バカぶりの映画だろうと想像できたし、
実際、この映画をしばらく見ていたら、
主人公であるジェイデン・スミスの魅力の無さに付いていけなくなった。

主人公一家が、アメリカから中国に引っ越してきた。

そして主人公は、可愛らしい中国の女の子(ハン・ウェンウェン)にチョッカイを出し、
実はそのコが好きだったイジメっ子にボコボコにされる。

まあ、当然だわな。

言動が妙にチャラチャラしているし、
髪型が小学生でドレッドヘアー。

六本木にいる、ナンパ黒人としか思えなかったよ。

スターウォーズのような大作でもないのに、
尺が140分もあるのは事前に知ってたので、
この先が思いやられるなぁ……と思ってた。

ところが、この映画を救う大俳優が登場する。
ジャッキー・チェンだ!

ジャッキーは、正編のミヤギ同様、
あやしい師範代である。

が、しかし、その男は実力者で……というのは、
シリーズを通してのお馴染みの設定ではある。

ただし、大俳優のジャッキー・チェンだ。

俳優が喜ぶような、演技の「しどころ」を作らないと、
ジャッキーの本作への参加はそもそもなかったと思う。

そして制作側が用意した、シーンは……ネタバレになるから書かないが、
ここにドラマのキモがある。

主人公の少年は師範の思いを超える頑張りを見せ、
また師範は自分の中の問題にも打ち勝とうとする。

シンプルだけど、丁寧に描かれたドラマで、
私が最初に感じた、嫌な感じは浄化された。

中国の古さと新しさが混じった舞台も、
非常に映像映えしていたしね。



キネマ旬報 2010年 8/15号 [雑誌]キネマ旬報 2010年 8/15号 [雑誌]
(2010/08/05)
不明

商品詳細を見る




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。